仕事から趣味へ

今やっている仕事の質を高めたいと、仕事関連のセミナーに通うようにしています。写真を撮る事が仕事の一環になっている私の仕事。写真の技術を高めるために写真の撮り方のセミナーに行ってみました。そこには同じく写真に興味のある方がたくさんいて楽しく勉強しています。このように同じ興味を持っている人が集まると楽しいものですね。今まではデジカメの力にまかせっきりの写真を撮っていませんでしたが、今では一眼レフのカメラで、しかもマニュアルで写真を撮るまでになりました。一見同じ風景を取った写真でもマニュアルでちゃんと取りたいものをピントで合わせて取った写真とデジカメで撮った写真とではこうも違うものなのか、と自分自身で感じられるほど腕前が上がりました。これからももっと写真の技術を挙げて…、難しいとされる動く物や動物の写真を上手に取れるようになりたい、と思っています。ここまでくると、仕事の枠を超えてカメラが趣味になりそうです。

たまには良いものを買いたい

普段、節約している私もたまに大きな買い物をするときがあります。それは普段身に付けるものであったり、ここぞという時のものだったり、です。たいていは覚悟を決めたい、何か変わりたい、という時の覚悟の代わりに買うことが多いのですが、今日もそんなふうにちょっとだけ大きな買い物をしてみました。それは仕事用の鞄です。

といってもしっかりと稼いでいらっしゃる方からすればそれほど大きな出費とは言わないような金額ですが、私には覚悟を決めたうえでの買い物。年度末も迫って、このタイミングでちょっと大きな買い物をするという事は…来年度から私は仕事をがんばろう、という表れです。自分の中で覚悟を決めたい、出来ない言いわけを作りたくない、逃げ道を作りたくない、といった気持ちの表れなのです。

こんなふうにたまには自分のお尻を自分でたたいてやる気に火を付けたいものです。これが明日の糧となるように、明日へのやる気へとつながるように!頑張ります!!

専業主婦でもお金が必要

 

主婦だってお金を借りたいときがあります。主婦だからこそ本当にお金が必要な時にキャッシングなどを利用したいと切実に思うのです。日本の殆どの過程ではお財布のひもを握っているのは奥様ではないでしょうか。実際のお金のやりくりをしているのは旦那さんではなくて奥さんの方が多い。ですから家のお金の動きをしっかりとみているのは奥様だと思います。さらに主婦は家事全般をしっかりとこなしている方が多いので、お金の流れも当然気にします。だから、ちょっと今月はお金がない…という時に焦るのは奥様です。「専業主婦お金借りる のは審査が厳しく、難しい…。でも家計はピンチだ…」でもちょっとネットなどで調べてみてください。現代の日本では専業主婦の方でも審査にパスすればお金を借りられるのです!これって家計がピンチの時はありがたいですね!急な出費の際にも安心です。このような「逃げ道」がちゃんと今の世の中には用意されています。でも。。。お金を借りる時は計画的に‼が原則です。